株式会社ハヤカワ

屋根 外壁 リフォーム|千葉県船橋市の株式会社ハヤカワ

事業地域

船橋市、市川市を中心に千葉県全域、東京、埼玉

 

KMEW

 

ニチハ

 

旭トステム

 

マルスギ

 

三州野安

 

マイリフォームレシピ

My Reform Recipe

 

HOME»  施工事例

リフォームと新築 施工事例のご紹介

ここでは、屋根葺替え工事と新築工事(陶器瓦)をご紹介致します。

葺替え(ふきかえ)工事とは、既存の屋根材を撤去して、新しい屋根材に葺き替える工事です。
古い屋根材を撤去するので、下地や野地板も一緒にメンテナンスができます。

 

リフォーム 施工事例 1

既存の屋根材「コロニアル」の葺替えです。
葺替え後の屋根材は、『 KMEW 遮熱グラッサ グラッサ・クールシルバー 』です。

 

Before
コロニアル遮熱グラッサは、屋根で赤外線を反射するので、屋根材への蓄熱を抑え、夜間の大気への放熱や、移住空間への熱の伝達を軽減させる事で、冷房効果が高まるというメリットがあります。 この他にも、コロニアルクアッドなど、カラーベスト系の屋根材の葺き替え工事も行っております。

 

 

After

 

リフォーム 施工事例 2

瓦からの葺き替えです。
葺替え後の屋根材は、『 KMEW ROOGA(ルーガ)鉄平 ストーン・グリーン』です。 

 

Before
ROOGA(ルーガ)は従来の瓦と変わらない厚みのままで、重量を半分以下に抑えた屋根材です。素材内に気泡を無数に入れることによって衝撃にも強く、割れにくいのが特徴です。また、色あせしにくく、汚れがつきにくい塗膜を使用しています。

*屋根材を瓦にしたいけど、重さが気になる・・・
*厚みの薄いものにしたら、軽量だけれど、強度が気になる・・・
*屋根材の色あせによるメンテナンスの時期が気になる・・・ と、お悩みの方には、お勧めの屋根材です。 リフォームだけでなく、新築にもお勧めです。

 

 

After

 

リフォーム 施工事例 3

屋根と外壁のリフォームです。
リフォーム後の屋根材は、『KMEW ROOGA(ルーガ)雅 モダン・ブラウン』、外壁材は 『KMEW はる一番 1階部⇒デザインシリーズ16 長石柄2 長石ベージュ・2階部⇒デザインシリーズ16 長石柄2 長石ホワイト』 です。

 

Before
施工事例2でもご紹介しました屋根材ROOGA(ルーガ)は『雅』と『鉄平』の2種類があります。
右写真は『雅』で、和をイメージした仕上がりになる屋根材です。
外壁材の『はる一番』という商品は、金属サイディングです。
『はる一番』は新築、張替え工事の他に、重ね張り施工も出来ます。
重ね張り工事は既存の壁をそのまま残して施工できる上、短工期で仕上がります。
また、既存壁の撤去によるホコリや、臭いも少なく、近隣への迷惑も最小限に抑えられます。
こちらの使用商品以外にも、多彩なデザインの商品がございます。

 

 

After

 

新築工事(陶器瓦)施工事例 1

マルスギ株式会社 イーグルロック ストレートブラック
マルスギ株式会社
イーグルロック ストレートブラック

 

『陶器瓦とは・・・』

陶器瓦は、自然素材である粘土と、うわ薬を高温で焼き固めた、表面がガラス質の皮膜で覆われた陶器質の屋根材です。
現在、最も普及されている瓦です。
瓦そのものが焼き物なので、色あせしにくく、再塗装など、見た目上のメンテナンスがほとんど必要ありません。

 

新築工事(陶器瓦)施工事例 2

マルスギ株式会社 イーグルM防災 クリアマット
マルスギ株式会社
イーグルM防災 クリアマット

 

『瓦は夏に涼しく、冬は暖かい・・・!』

屋根材は、一年中雨や風、真夏の高温、真冬の寒気という寒暖差の激しい環境にさらされています。
陶器瓦は、熱吸収率が小さく、遮断効果が高いため、厳しい夏の暑さを防ぎます。
冬場は、室内の熱を逃さないため、暖かい室内になります。
遮音性も高く、屋根を打つ激しい雨音も気になりません。

 

新築工事(陶器瓦)施工事例 3

マルスギ株式会社 イーグルM防災 ラスティグリーン

マルスギ株式会社
イーグルM防災 ラスティグリーン
 

『陶器瓦の種類としては・・・』

陶器瓦の形の種類としては、大きく分けて3種類あります。

【和 瓦】・・・ 日本伝統の和風な雰囲気を表現します。
【平板瓦】・・・ モダンでシンプルな仕上がりが特徴です。和風から洋風住宅まで幅広く合います。和瓦、S瓦と比較すると、形、色が多彩で豊富です。(施工事例1・2・3は平板瓦です)
【S 瓦】・・・ ヨーロッパ風の住まいを演出します。単色葺きでシンプルに見せたり、3色をミックスした混ぜ葺きなど、混ぜる比率によっても異なった表情を醸し出します。

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせ